本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

日本建築めぐり

旧門司三井倶楽部(きゅうもじみついくらぶ)


日本の建築物を紹介します。所在地、設計者で検索できます。

  • old-moji-mitsui-club01
  • old-moji-mitsui-club02
  • old-moji-mitsui-club03
  • old-moji-mitsui-club04
  • old-moji-mitsui-club01
  • old-moji-mitsui-club02
  • old-moji-mitsui-club03
  • old-moji-mitsui-club04

旧門司三井倶楽部(きゅうもじみついくらぶ)

所在地 〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町7-1
施工年 1921年
設計者 松田昌平(まつだしょうへい)
コメント 三井物産門司支店の社交倶楽部として建てられた木造2階建ての建築です。
1922年にアインシュタイン博士夫妻の宿泊した部屋が当時の状態で保管されており、見学することができます。
現在は北九州市が管理しており、1階はレストラン三井倶楽部、2階はアインシュタインメモリアルルーム、林芙美子資料室として使われています。
国の重要文化財、近代化産業遺産に指定されています。
ホームページ 和洋Restaurant・三井倶楽部