本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

今月の一枚


このページでは、皆さんが作成された建築パースをご紹介しています。


1712-7

タイトル 余白で繋がる待合所
製作者 東京理科大学大学院 建築学科 森知史
使用ソフト Rhinoceros新規ウィンドウで開きます:Rhinocerosのサイトへ, Flamingo nXt新規ウィンドウで開きます:Flamingo nXtのサイトへ, Adobe Photoshop CC新規ウィンドウで開きます:Adobe Photoshop CCのサイトへ
コメント 木造躯体の中にRC躯体が入れ子構造になったフェリーターミナルの建築を設計しました。
抜け感を意識して空間を設計し周辺の環境を取り込めるように工夫してプランニングしました。
パースはその設計意図が伝わるように光の入り方等を工夫してレンダリングを行い仕上げとしてフォトショップでレタッチしました。

東京理科大学大学院 建築学科 森知史 さんのプロフィール

自己紹介 大学で建築の意匠設計と光環境シミュレーションソフトの勉強しています。

今月の一枚では、みなさんが作成された建築パースを募集しています。

ページ公開日:2017年12月25日