本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

今月の一枚


このページでは、皆さんが作成された建築パースをご紹介しています。


1406-3

タイトル Project たけなかこどもクリニック
製作者 長谷川孝光
使用ソフト V-Ray新規ウィンドウで開きます:V-Rayのサイトへ
コメント 家型とは、いわゆる三角屋根をもつ建築の姿である。子供が家を描くときにあらわれる典型的なかたちです。地図や施設、あるいは携帯電話のピクトグラムにも使われています。おそらく一般人にとって、住宅のイメージとして共有されている記号的な形態かも知れません。
太古から存在する住まいのかたちである「家型」をモチーフとし 人類の記憶とともにある家型を、クリニックの「表情(カオ)」として定義すること。これが今回のデザインテーマです。

今月の一枚では、みなさんが作成された建築パースを募集しています。

ページ公開日:2014年6月9日